ビタミンC化粧品 シミ消す美白効果

ビタミンDとは

ビタミンDは、太陽光線の紫外線が皮膚の脂肪に作用して作り出され、身体に吸収されます。また、食事からも摂取することができ、小腸壁から脂肪と一緒に吸収されます。

ビタミンDの効果

  • 丈夫な骨と歯に必要なカルシウムとリンを体が適切に使えるようにする
  • ビタミンAビタミンCと一緒に摂ると、風邪の予防の助けとなる
  • 結膜炎の治療に役立つ
  • ビタミンAの吸収を助ける

逆に欠乏症になると「くる病」「重度の虫歯」「骨軟化症」「老人性骨粗しょう症」になってしまいます。

ビタミンDをたくさん含んでいる自然の食品

  • 魚の肝油
  • いわし
  • にしん
  • まぐろ
  • ミルク
  • 乳製品

サプリメントは、魚の肝油からとった400IUのカプセルが一般的です。最も一般的な一日当たりの摂取量は400~1,000IUとなっています。

夜勤者や看護師、そのほか衣服やライフスタイルによって太陽光線を十分に浴びることのできない人は、ビタミンDが多く摂られる食事を心がける必要があります。また、ビタミンAやビタミンC、コリン、カルシウム、リンと一緒に摂取するときに一番効果を発揮してくれます。