美白・シミ消すビタミンC化粧品で若返り!

美白成分の種類

厚生労働省が効果を認めた美白成分

アルプチン もともとはコケモモから抽出された成分。(チロシナーゼ抑制効果)
エラグ酸 イチゴから抽出された成分。(チロシナーゼ抑制効果)
ルシノール 北欧のモミの木の成分をヒントにして生まれた成分。(チロシナーゼ抑制効果)
ビタミンC誘導体 リン酸型ビタミンCなどの、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。抗酸化作用ももつので、老化予防やニキビの炎症を抑えるのにも役立つ。(チロシナーゼ抑制効果)
プラセンタエキス 豚の胎盤から抽出された成分。(チロシナーゼ抑制効果)
カモミラET カモミール(西洋カミレツ)から抽出される成分。抗炎症作用も併せ持つ。(エンドセリン伝達阻害効果)
トラネキサム酸 プロスタグラジンE2抑制、(チロシナーゼ抑制効果)
t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体) プロスタグランジン抑制効果
リノール酸 サフラワー油などの抽出物から抽出される(チロシナーゼの量を減らす効果)

この9つの美白成分のうちのいずかれかを含んでいれば、美白化粧品として医薬部外品の認可を受けることができます。

要するに、美白の効能をうたえるということになるのです。(化粧品は効果をうたうことができませんが、医薬部外品であれば可能です。ただし、明記してよい効能書きは「紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐ」という表現に限られます)。

そのほかの美白成分

油溶性甘草エキス(グラブリジン) 甘草という漢方薬から抽出した成分。消炎効果もあるため、かぶれにくく、肌の弱い人でも比較的使いやすい。(チロシナーゼ抑制効果)
ハイドロキノン 欧米ではかなり以前から使われていたが、皮膚への刺激性があるという理由で日本では長いこと化粧品への使用が禁じられていた。最近規制緩和によって日本でも化粧品に配合されるようになりました。