ビタミンC化粧品 シミ消す美白効果

油溶性ビタミンC誘導体の美白効果

肌が一年中乾燥する人が一度使えばその効果の高さにニンマリする成分が油溶性ビタミンC誘導体です。2~3週間使えば肌に潤いが回復するうえ、美白やニキビ改善などのビタミンC本来の効果もあります。油溶性ビタミンCはジェルやクリームに使われ滑らかに伸ばすと、肌の角質になじんで長い時間、成分がとどまります。その間、C誘導体が肌の奥に浸透して、細胞に入り、そこでビタミンCに変化して働き始めます。その浸透力は水溶性C誘導体の3倍というデータもあります。

しかもいったん、肌に浸透すれば①美白できる②紫外線の害を抑える③コラーゲンを増やすという3大効果があります。油溶性ビタミンC誘導体を肌に与えた試験でもこれらの効果は医療機関でも実証済みでもある。

朝も夜も唇にもいい

夜も朝もお手入れに使えます。ビタミンCは本来、活性酸素を抑える作用を持ちますが、ビタミンC自体に直接紫外線が当たると、ラジカルという活性酸素に変わって肌にダメージを与えることになります。しかし、ビタミンCは活性酸素から守ってくれるので、紫外線を浴びる前に、朝の手入れで使うのはおすすめというわけです。

またオイル状で刺激感もないので、クリームやジェルだけでなく、最近では様々なタイプのコスメに配合されています。スティック状のコンシーラーならシミやニキビの赤みを抑えるのにいい。目元専用コスメはクマ対策に。さらに唇用ならコラーゲンお生成を高めて唇がふっくらと整う効果も期待できます。

べたつかない油溶性ビタミンCコスメも登場

これまで油溶性ビタミンC誘導体コスメはべたつくのでイヤと敬遠してきた人もいますが、今はこれも改良されて、高濃度誘導体ビタミンCコスメとしても市販されています。